大船高校男子テニス部

大船高校男子テニス部です。関東大会出場を目標に厳しい練習とトレーニングに励んでいます。引退までの総走行距離は日本縦断と同じ距離です。

錦織圭ツアー最終戦進出 アジア男子初

 彼は13歳で米フロリダ州の「IMGアカデミー」に留学。アガシ選手(米国)やシャラポワ選手(ロシア)が在籍した名門だ。午前の練習後に学校の授業を受け、再び午後5時過ぎまでラケットを握る。世界のトップ級選手とも練習する。錦織選手は「テニスが一日中できる環境がうれしくて、ホームシックにならなかった」という。才能が花開いた理由はここにある。

 毎日5時間のテニスに加え、筋力トレーニングや個人レッスン。練習より厳しかったのが、孤独だ。翌日のハードな練習を考えると外出する気にはなれない。励まし合う仲間はおらず、夜はテレビで映画ばかり見ていた。

 IMGのような学校での生活は常に競争だ。錦織選手は奨学金を得て留学したが、世界ランキングなど年間目標が達成できないと打ち切られる。そんな厳しい環境で「うれしい」という言葉が出てくる。忍耐ではなく、プレーする喜びを原動力にしていた。


明日、明後日は部内戦です。テニスができる環境に感謝して自分の出来ることを精一杯やります。


彼も自分の出来ることを精一杯やろうとしています。

f:id:ofuna_tennis:20141101140956j:plain